仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」のメンバーズブログです。 我が会は1989年に発足した仙台の老舗的ワイン会です♪  何よりもワイン好きなメンバーが勝手な事を色々と書き込みますので宜しくお願いします!◇ワイン・ワイン会・仙台・ランチ・グルメ・アペラシオン◇

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

1,000円以下のピノ・ノアール♪

2013年06月10日



昨夜の家飲みワインは、1,000円以下のピノ・ノアール。

やはり味が薄く、アペラシオン仙台のワイン会で頂くワインとは比べ物になりません…

しかし、食事をしながら頂くと、これがまんざらでもない!?

ワインは奥が深いですね♪



by cozaru  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 05:49Comments(0)ワイン

KALDIのワイン

2013年04月14日

先週末のワイン会は参加できず、とても残念でした…
メンバーの皆さま、申し訳ありませんでした。


さて、最近KALDIでデイリーワインを買っています。
YaMaYaとはまた違う品揃えですし、
何より店内に活気があって買い物が楽しいですよね!
ワインのアテも豊富にあります!!

写真は、バイヤーおすすめのワインで
価格は1,000円ちょっとでしたが、
十分おいしく頂けました♪



by cozaru  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 19:15Comments(0)ワイン

test

2013年03月26日


さて、何の画像でしょう?  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 22:41Comments(0)ワイン

先週の続き

2013年02月18日

ええと、無事スパークリングワインを開けることができたわけですが、
シャンパンオープナーという商品に非常に心奪われまして、
購入するかどうか迷っていました。それがこの商品です↓

アドホック AdHoc VINOTAS シャンパンオープナー

http://item.rakuten.co.jp/kai/018fp2167/

でも、金額的に躊躇するところでして、2000円のスパークリングワインの為に
ここまですることがあるだろうか、
高級なシャンパンほど簡単に開けられる気がするのなぜ?
などど自問自答しています。あーどうしようかなあ。  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 14:03Comments(0)ワイン

抜けない・・・

2013年02月11日

先日のこと。
あるスパークリングワインを飲もうと思って抜栓しようと思ったのですが、
これがなかなか抜けない。
濡らしたタオルを使ったり、グリップの効く手袋を使ったりいろいろ試したがダメ。
輸送したばっかりだからかな~と思って1週間放置しました。
で、1週間後に再チャレンジしたものの、まるでダメ。
冷蔵庫に入れたりセラーに戻したりしてさらに2週間放置しました。
2週間経っても結果は同じで、さらに1週間放置しました。

1ヶ月も悪戦苦闘したのでさすがに結論を出そうと思い、次の方法を考えました。
①ソムリエナイフを使う
②一人シャンパンファイトをする
③シャンパンオープナーを買う
④飲まずに捨てる

①は以前ビンが破裂して手に大怪我をしたことがあるので却下。
②は近所迷惑だからやめなさい、と言われ断念。
④はちょっともったいない
で、③を選択し、パソコンでシャンパンオープナーを探していたところ
「ポン」と栓が抜ける音。
見ると奥さんがいとも簡単に開けてしまいました。
「今まで一体何やってたの?」奥様から一言。
ええ、一体何をやっていたのでしょう。返す言葉もありません・・・
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 00:01Comments(0)ワイン

写りが悪いですが…セリエール・ピニョールのポルタル

2013年01月30日

セリェール・ピニョール

セリエール・ピニョール

スペインワイン


★★★★★★★★★★★★★★


セリエール・ピニョール

スペインのお薦めの生産者です。

今夜のワインは、ポルタルの白♪

ピニョールが作るワインは全てが素晴らしいのですが、このポルタルは一般的に売られているワインのなかでは最上の部類に入ると思います。

とにかく外れがないピニョールのワインは、常に傍に置いておきたいワインのひとつです。

セリェール・ピニョールのワインは、見つけたら買ってください。飲む人を裏切らない数少ないワインだと思います♪

造り手は、ホアンホ・ピニョール氏。勤勉かつ紳士的な人間で、彼は痩せたいパパさんの友人でもあります。彼は仙台が大好きで、今まで三回も仙台に来ました。

ここ二年間は震災の影響もあり来ておりませんでしたが、この5月仙台に来ることが決定しました。世界各国を飛び回る彼が仙台に立ち寄ってくれます。

仙台のワイン会「アペラシオン仙台」のワイン会にも参加してくれます。彼の作るワインをタップリ楽しみたいと思います。

ちなみに、このポルタルは1800円前後ですが、味わいは数倍以上であると思います。是非どうぞ〜♪♪♪



(*^^*)(^o^)v(*^^*)(^o^)v(*^^*)(^o^)v(*^^*)(^o^)v(*^^*)m(__)m
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 00:45Comments(0)ワイン

美味いワイン

2013年01月14日

ちょっと美味しいワインを見つけました。

アタランギ クレイグホール シャルドネ 2009
フェルトンロード バノックバーン ピノノワール 2010

どちらもニュージーランドのワインです。価格は5000円前後。

アタランギはやや甘味があるものの、香りが芳醇で味わいはまろやか。
ホワイトソースなどの料理によくあいます。
少しくせのある野菜やチーズとあわせてもいいかも。
フェルトンロードはルイジャドを彷彿させるような深遠な香りと味わいがあり、
温度が戻るにつれキスラーのような甘い味わいが追加されるようなワインです。
ブラインドで出されたら産地すら当てられないかもです。

ニュージーランドワインは久しぶりなので、どのくらいのレベルなのかよくわかりませんが、
コストパフォーマンスは抜群です。
両方ともスクリューキャップで最初は戸惑いましたが、驚きのワインでした。
機会があったら是非お試しください。  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 00:01Comments(0)ワイン

ピエール・ラルース・シャルドネ・ブリュット

2012年12月31日



シャルドネィズ オブ ザ ワールドで2007年から3年連続で銀賞(シルバーメダル)を受賞したヴァンムスー(フランスのスパークリングワイン)です。

泡立ちが良いのが元気な証拠。フレッシュな酸味のきいたヴァンムスーです。ピッコロボトルでなければもう少し美味しいかも…。

それにしても、経費節減なのかANAのプレミアムクラスはシャンパンからヴァンムスーに格下げしたのはガッカリです。。。。


m(__)m(*^^*)m(__)m(*^^*)(>_<)(>_<)(>_<)
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 21:25Comments(0)ワイン

クリスマス

2012年12月31日

時間が過ぎるのは早いもので、あっという間に今年も終わりですね。

さて、今年は激烈に忙しい年末だったのですが、クリスマスくらいいいワインを
飲みたいと思い、家族と飲みました。

・モエエシャンドン ’93
・シャンベルタン クロ ド ベズ ’04 アルマンルソー
・パビヨンルージュ シャトーマルゴー ’05

幸せってこういうワインを飲んだ時に言うことなのですね。
意外だったのはパビヨン05がすごく美味しかったこと。ブラインドで出したらマルゴー
と間違えてもおかしくないくらいしっかりしていました。

アルマンルソーは安定的に美味しかったです。
このクラスのブルゴーニュは久しぶりなので、とてもいいですね。
味わいはもちろん、香りも芳醇でした。
普段飲んでるワインが赤い水に思えてしまうくらい、レベルが違います。

モエは20年近く熟成したいい感じが出ていました。
炭酸は強くないのですが、しっかりとした味わいが舌の上に残り、
流し込むようなことはしたくない美味しさでした。
速球派だったピッチャーが上手く技巧派に転身したようなイメージです。

久々にゆっくりしたクリスマスでした。  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 00:10Comments(1)ワイン

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2010

2012年12月26日


ただ今、映画を見ながらワインを頂いてます。今日のワインは、モンテプルチアーノ・ダブルッツォ(カサーレ・ヴェッキオ)2010年。

なかなか美味しいワインです!葡萄品種は、モンテプルチアーノ・ダブルッツォ100%♪イタリアの優良生産者ファルネーゼのワインです。

まるで、フルーツ爆弾的なパワーがたまりません。凝縮感があり、それでいて果実実が豊です。ワインだけで幸せになりそうな味わいです。

おつまみは自分で作った鶏の唐揚げ♪

ワインが合うのか、唐揚げが合うのか!?楽しいひとときを送らせて頂いております。

ちなみに、今日の映画は、今更ながらの「メン・イン・ブラック3」です(*^^*)
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 19:22Comments(0)ワイン

知らないワイン…ボウ・メイヌ

2012年11月27日




世の中には、ワインの数は山ほどあります。

当然、知らないワインも沢山あります。このボルドーワインも分からないワインのひとつです。

ボウ・メイヌ2010年。まあ、正直こんなものかな〜って感じです。わるくはないのですが、旨くはない!そんな感じはのワインでした。

店側で勝手に用意したワインなので、仕方ないとは思いますが、味より利益優先的なところがみえみえです。

仕方ないにしろ、痩せたいパパさんてきには美味しくないワインを飲まなければならない時ほど悲しいことはありません。

ショックから立ち直るには、美味しいワインを飲むしかないですね♪
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 11:38Comments(0)ワイン

醤油味に合うワイン♪珍しいかも、ANAで飲んだワイン♪

2012年11月26日

今まで何度かANAの中で飲んだワイン♪ヴィクターベルナルドのシャルドネ♪

今日は、目から鱗♪♪♪

トロピカリな香りと、パッション系の香りが立ち上がるなか、その持っている甘味とはかけ離れた落ち着きが日本食と合うことに驚きました。

柔らかい醤油を使った日本食と合います♪例えば、おでんやお煮付け等。和だしの料理と合うことが判明(笑)♪

香りはソーテルヌ♪甘味は南国系。でも、日本食との相性は考えつかぬもの。驚き♪

勉強不足と驚きの痩せたいパパさんでした。




****************************(ANAより抜粋)

ブルゴーニュ・シャルドネ 2010 ヴィクトール・ベルナール(ブルゴーニュ、フランス)
Bourgogne Chardonnay 2010 Vicotor Bernard(Burgundy,France)

小規模ながらも良心的なワイン造りで定評のあるドメーヌ。ビストロのワインリストでも
しばしば見かけます。目が冴えるような柑橘系の香りに甘いニュアンスが追随します。
やや強い酸味が広がり、フレッシュで口当たりがよく、ドライな味わいが印象的です。



  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 20:11Comments(2)ワイン

モレ・サン・ドニ1999( ミシェル・エスマニャン)

2012年11月19日

癒されたい時には、ピノ・ノワールがいいですよね。当たったときにはピノほど幸せを運んできてくれるワインはないと思います。今は技術的には国や地域の差を埋めてしまうほどの生産力を持つ生産者が多く、当たり外れの憂いは少なくなってきてます。

写真は、ミシェル・エスマニャンのモレ・サン・ドニ(村名ワイン)です。ヴィンテージは1999年。フランス・ブルゴーニュ地方は大変良い年であり、癒し系もさることながら、力強いピノもできた年です。

このモレ・サン・ドニ(ミシェル・エスマニャン)は、どちらかと言うとテロワールを全面に出すような造りで、果実味のバランスを大事にしてるのでしょうね。タンニンはあまり感じられず、咬みごたえのないボディーの厚さは、力強いピノを狙っている人には物足りないかもしれません。

ヴィンテージの恩恵には預からなかったのか、おとなしめで控えめなピノ・ノワールでした。ただ、シルキーな喉ごしは丁寧に作っているのが分かります♪13年経った今でも色合いは若々しいだけに少し残念な気がします。
ワインは、難しいものです。常に同じ状態で飲めるとも限りませんし、保管状態や、ワインをあけるシチュエーションでも変わります。今回は落ち着きがなかっただけの事だと思います。

この造り手、ミシェル・エスマニャンは良い生産者です。このワインより上級の格付け畑のワインは、特にお勧めです。見かけたら、先ずはこのクラスのワインも飲んでみてください♪



  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 21:52Comments(0)ワイン

久々に

2012年11月19日

市内某所でピニョールのポルタルを飲む機会がありました。
ヴィンテージは2009。
うん。うまい。
この日は何本か開けたのですが、その中でも一番安いこのワインが抜群に良かったです。
料理とのマリアージュや飲む順番などもあるでしょうが、概ね好評でした。
レバーパテやフォアグラ、肉の煮込み料理などとよく合います。

この時もスペインのワインだとか定価だとこのくらいとか
作っている人に会ったことがあるだとかの話をすると、
ワインを知らない人でも興味を持ってくれて「じゃあ買ってみようかな」となりました。
こういうワインともっと出会いたいですね。  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 15:03Comments(0)ワイン

ワイン会♪♪♪♪アペラシオン仙台(仙台のワイン会♪)

2012年11月10日



ただ今、仙台のワイン会「アペラシオン仙台」のオフ会をしてました♪ホントにワインが好きな方ばかりのワイン会です!

今日は、エシェゾーを中心に美味しいブルゴーニュのピノ・ノワールを楽しんでました♪いや〜、ピノは心癒されますね〜っ!

七人で9本のワインを飲んでいるので、さすがに酔っぱらってきます(>_<)♪

さて、これからの時間、どうやって生き延びるか♪。。。。。


(^o^)v(^o^)/(*^^*)(^o^)v(^o^)/(*^^*)(^o^)v(^o^)/m(__)m
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 22:05Comments(0)ワイン

ボーヌ・プルミエクリュ( ニコラ・ロシニョール)

2012年11月07日

ボーヌ・プルミエクリュ・レ・レベルシー2001年(ドメーヌ・ニコラ・ロシニョール)♪

11年が経ち落ち着き始めたピノ・ノワールを重くもなく軽くもなく丁度良いバランスで楽しめました。

造り手のドメーヌ・ニコラ・ロシニョールは近年評判が高く昔ながらのピノの良さと今風のピノの感じを上手く融合させていると思います。

ヴィンテージ的には、おとなしめの年ではありますが、そんなに細さを感じさせないのはニコラ・ロシニョールの力なのでしょうか!?

このヴィンテージにしては充分に楽しむことが出来ました!





                        痩せたいパパ  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 00:15Comments(0)ワイン

ボーヌ1998 年(ミシェル・ゴーヌー)

2012年11月05日

BEAUNE1998(ボーヌ1998)

ドメーヌ・ミシェル・ゴーヌー♪ ブルゴーニュ地方ポマール村にある昔から定評のあるワイン生産者です。昔ながらのブルゴーニュらしいピノ・ノワールの良さを醸し出す作りは多くのファンを持ってます。

今回のボーヌ1998も村名ワインながら、なめらかな味わいと果実味の良さが癒し系のワインのように喉を通り越していきます。さらに古典的な造りを継承するかのごとく、懐かしいピノの田舎臭さも感じられます。

好き嫌いが別れるとまではいかなくとも、やや賛否両論が語られるかもしれません。しかしながら、ワインを丁寧に造っているのは容易に感じられると思います。

98年のボーヌは、正に飲み頃を迎え、飲んだ人を癒してくれます。落ち着き払ったピノには軽めのチーズが良いかもしれませんね♪

ミシェル・ゴーヌーのワインは、本当に癒してくれます。痩せたいパパさんのお気に入りの造り手です。特にオフ・ヴィンテージに良さを発揮するところが嬉しいです♪♪♪

このミシェル・ゴーヌーのワインは、ある程度飲み頃に近づいてからリリース(販売)されるので、見かけたら是非お試し下さい。直ぐに飲めると思いますよ!!



                                     痩せたいパパ


  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 23:05Comments(0)ワイン

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ

2012年11月03日

今日のワインは、イタリアワインです。なかなか良い作り手であるファットリア・デル・チェッロ社のヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ2008年です。

映画を見ながら頂いてます。今日の映画は「ディア・ブラザー」です。今から見始めるのですが、果たしてどこまでもつでしょうか!?多分、途中で睡魔に負けてしまうでしょう…(笑)。

イタリアワインも近年美味しくなってきたのは嬉しいことだと思います♪  ワインのうんちくはまた後程♪




                                      痩せたいパパ


(^o^)/(*^^*)m(__)m(^o^)/(*^^*)m(__)m(^o^)/(*^^*)m(__)m(^o^)/
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 21:52Comments(0)ワイン

モンテリー2004 ルイ・ラトゥール

2012年10月24日


今日のワインは、フランス・ブルゴーニュ地方の「モンテリー2004」です。 生産者はブルゴーニュの雄ルイ・ラトゥール社です。


ルイ・ラトゥール社はブルゴーニュでは最大手のワイン生産者ですが、造りには定評があります。大手だからと言っていい加減なことはしないのが好評の理由でもあります。


このモンテリー2004は、丁度良い飲み頃に入ってきており、軽やかさとしなやかさを兼ね備えたチャーミングなピノ・ノワールでした。終始楽しく飲むことができ、おつまみのブリーとの相性は良かったですよ♪


あっという間に一本が無くなってしまいました。もう一本あけようかな〜っ!?






(痩せたいパパ)
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 22:56Comments(0)ワイン

シャトーメルシャン・アンサンブル・藍茜2010

2012年10月23日





このワインは、純日本産のワインです。メルシャンで出している「シャトーメルシャン・アンサンブル・藍茜2010」♪

長野県産のメルローと、山梨県産のマスカットベリーをバランスよくミックスした赤ワインです。

日本のワインによくありがちな軽めな仕上がりは女性的な要素があり、チャーミングで若々しさがあります。

個人的に好きかと言えば、飲んべえな私的には物足りないと言うのが本音ではありますが、気楽な気持ちで飲むには十分楽しめると思います♪

日本のワインは、どうしても後進的なところがありますが、こんなワインを含め色々と美味しいワインが作られてきているのも事実です。

気候的、葡萄の品種的にも難しいところもあるかとは思いますが、日本のワインも世界に通用する日が来ることを願っております。

これからも日本のワインを色々と試していきたいと思います♪ がんばれ、ニッポン♪♪♪






(痩せたいパパ)
  

Posted by 仙台のワイン会「アペラシオン仙台コントローレ」 at 00:11Comments(0)ワイン